補助犬について:聴導犬について

日本サポートドッグ協会ホーム

補助犬について:聴導犬について

聴導犬について

聴導犬とは、耳の不自由な人の手助けをするために働く犬の事をいいます。

ドアノック、呼び鈴、チャイムや目覚まし時計、火災報知機など、聴覚障害を持った方が安全な生活を送れるようにおとを覚えさせて反応するように教えます。

障害を持つ方々が社会復帰できるように精神的な心の支えになります。

image

聴導犬を希望される方へ

面接・聴導犬使用者申し込み

申込み後、面接します。
そこで聴導犬の貸与を決めます。

image
image

内容に合わせて訓練開始

協会に戻って訓練開始。
候補犬を約半年育てます。

image
image

いろいろ勉強

色んな所に出かけたり、色んな音を覚えたり。
最初は少しずつ。
繰り返し練習します。
規定をクリアすると認定試験を受験します。

image
image

試験に合格すると・・
おめでとう!!
認定・聴導犬となります。

image
日本ドッグサポート協会では介助犬・聴導犬を無償貸与しています。
希望される方はこちらの条件をお読みください
その他ご質問、お問合せはお気軽にどうぞ
〒630-0101 生駒市高山町8134-1
TEL:0743-79-9750 FAX:0743-79-9750
日本サポートドッグ協会へのお問合せ
〒630-0101 奈良県生駒市高山町8164

アクセスはこちら

メールでのお問合せ

日本サポートドッグ協会のグッズ紹介

フェイスブックページはこちら

日本サポートドッグ協会のスタッフblog

犬の訓練士養成学校|グローアドッグトレーナーズスクール

日本サポートドッグ協会ではボランティアを募集しています

日本サポートドッグ協会

TEL/FAX.0743-79-9750
〒630-0101 生駒市高山町8134-1

メールでのお問合せ

日本サポートドッグ協会|ページの先頭へ戻る